第三方帐号登录

第三方帐号登录

使用邮箱登录

找回密码

全站搜索 传播新资讯,发掘源创意!

3D打印荷兰鹿特丹用回收的复合材料制成 3D 打印人行天桥

2020-07-15  2506

荷兰鹿特丹宣布将3D打印的FRP人行天桥作为其最新项目的一部分,该项目将传统建筑与现代建筑,设计和技术相结合。

オランダのロッテルダム市は、伝統的な建築と近代的な建築、デザイン、テクノロジーの融合を目指す最新プロジェクトの一環として、3DプリントされたFRP製歩道橋を発表した。

该桥是世界上第一座3D打印的轻质纤维增强聚合物(FRP)人行天桥,与荷兰化学制造商DSM的皇家Haskoning DHV和鹿特丹的Clarinze Boss Park鹿特丹市合作建造。它将在今年年底之前安装和使用。 3D打印的人行天桥由可回收再利用的复合材料组成,是鹿特丹减少二氧化碳排放和促进宜居性的可持续目标的一部分。

この橋は、Royal HaskoningDHV(ロイヤル・ハスコーニング)、オランダの総合化学メーカー DSM、ロッテルダム市の協力により建設された世界初の3Dプリント製軽量繊維強化ポリマー(FRP)歩道橋で、ロッテルダムのクラリンゼ・ボス公園に設置され、今年末まで使用される。リサイクル可能な循環型複合材から構成される3Dプリント歩道橋は、二酸化炭素の排出量を削減し、居住性を促進するというロッテルダム市が掲げる持続可能性(サスティナブル)目標の一部を担っている。

桥梁本身是由DSM的纤维增强热塑性塑料(称为Arnite)3D打印而成的,符合鹿特丹的强度和可持续性要求。根据FRP人行天桥设计中的最高安全标准建造,这座桥将得到鹿特丹市基础设施专家的支持。另外,通过将各种传感器结合到桥体内来实现人行天桥数字孪生。将要安装的传感器将能够预测并优化维护需求,在延长桥的使用寿命的同时,确保桥的安全性和耐用性。

この橋自体は、Arnite(アーナイト)と呼ばれるDSMの繊維強化熱可塑性プラスチックから3Dプリントされ、ロッテルダム市が求めるの強度と持続可能性の要件を満たしている。FRP歩道橋の設計における最高の安全基準に従って建設される橋は、ロッテルダム市のインフラストラクチャの専門家によってサポートされる。また、橋本体に各種センサーを組み込むことで、歩道橋のデジタルツインを実現。搭載予定のセンサー類は、メンテナンスの必要性を予測して最適化し、橋の安全性と耐久性を確保しながら、橋の寿命を延ばすことが可能となる。

DSM的高级应用程序开发专家Patrick Duis在谈到该项目时说:“这种印刷的复合材料桥可最大程度地减少材料消耗,并实现向桥的更可持续的过渡。通过使用具有所需特性的可回收材料作为可回收材料,我们可以将环保基础设施设计提高到一个新的水平。”

DSMのシニアアプリケーション開発スペシャリストであるパトリック・デュイス氏は、このプロジェクトについて「このプリントされた複合材橋は、材料の消耗を最小限に抑え、より持続可能な橋梁への移行を実現可能にします。リサイクル可能で必要な特性を有する循環型材料を原料とすることで、環境に優しいインフラ設計を次のレベルに進めることができます。」と述べている。

DHV业务发展经理莫里斯·卡尔达斯(Maurice Caldas)说:“鹿特丹和荷兰的城市处于基础设施创新的最前沿,尤其是在可持续性和循环利用领域。”通过介绍,鹿特丹市再次被证明是最先进的城市,这是从理念到实现,可持续性设计和创新的努力成果。它将迎来桥接功能的新时代。”

また、DHVのビジネス開発マネージャー、モーリス・カルダス氏は「ロッテルダム市とオランダは、特に持続可能性と循環型社会の分野で、インフラのイノベーションの最先端に居ます。橋梁のインフラに新しい複合材を導入したことで、ロッテルダム市はまたしても最先端の都市であることを証明しました。これは、アイデアから実現までのイノベーションを実行するための努力の賜物であり、持続可能性のデザインと橋梁の機能性の新時代を切り開くものです。」と述べている。

鹿特丹资产经理Mozafar Sayed说:“鹿特丹与Royal Hasconing DHV和DSM一起成为智能,基于回收利用的社会的领导者,对此我们感到自豪。”这款采用3D打印的复合材料桥梁通过热塑性塑料扩展了桥梁的可持续发展领域,提高了可靠性,从而降低了二氧化碳的排放并提高了鹿特丹的宜居性与城市雄心勃勃的可持续发展目标保持一致,它将成为第一个经过测试,印刷和安装的城市,为该城市未来的桥梁生产提供可持续的替代方案。我们认为复合桥可以替代旧结构,而鹿特丹目前有1000多个桥,因此我们一直在努力突破极限。 ,我们正在寻求开发一种更具可持续性的下一代桥梁,以减少维护和生命周期成本。”

さらにロッテルダム市のアセットマネージャーであるモザファル・サイード氏は「ロッテルダム市が、スマートな循環型社会におけるリーダーであることを誇りに思っています。ロイヤル・ハスコーニングDHVとDSMと共に私たちは、より大きな循環性を可能にする熱可塑性プラスチックを使用して、橋梁の持続可能性のフロンティアを押し広げています。この3Dプリント製複合材橋は、二酸化炭素排出量を削減し、居住性を促進するというロッテルダム市の野心的な持続可能性目標に沿ったものであり、テスト、プリント、設置を行った最初の都市となります。この複合材橋は、同市の将来の橋梁生産に持続可能な代替案を提供する可能性があり、私たちは複合材橋の使用を、古い構造物に代わるスマートなソリューションと考えています。ロッテルダム市には現在1000本以上の橋がありますが、私たちは常に限界を超え、より持続可能でメンテナンスやライフサイクルコストを抑えた循環型の次世代の橋を開発しようと考えています。」と述べている。

文章来源:idarts



诚邀设计同行分享干货、文章、报告等
投稿请发邮件 service@gewuer.com
新闻报道及人物专访 1748825663
0   937

文章评论(0)

发 表