第三方帐号登录

第三方帐号登录

使用邮箱登录

找回密码

全站搜索 传播新资讯,发掘源创意!

COVID-19 病毒防疫设计专题根据1965年美国陆军设计开发的 3D 可打印呼吸机

2020-04-29  2811

参与支持新的冠状病毒感染性疾病(COVID-19)对策的非盈利性开放社区“帮助工程”的工程师都配备了由美国陆军在1965年使用3D打印技术设计的应急通风机。

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)対策を支援するための非営利のオープンコミュニティ「Helpful Engineering」に参加するエンジニア等は、1965年に米国陸軍がデザインした緊急用人工呼吸器を、3Dプリント技術を用いて再現した。

沃伦·科赫(Warren Koch)是由12,000多名志愿者组成的团队的领导者,包括工程师,产品设计师和医疗保健专业人员,“帮助工程”(Helpful Engineering)敦促流体力学界的志愿者加入该项目,并在reddit上发帖。

エンジニア、プロダクトデザイナー、医療従事者など12,000人以上のボランティアから成るグループ「Helpful Engineering」のリーダーであるWarren Koch氏は、redditの投稿で、流体力学コミュニティのボランティアへこのプロジェクトへの参画を呼びかけた。

ARMEE(专为紧急情况而设计的自动呼吸管理系统)于1965年设计并得到美国陆军的验证,由一系列内部通道组成,这些内部通道密封了两个塑料板并将氧气引导至患者的肺部。它被称为“振荡器”,它确定并控制吸入和排出之间的切换时间。 ARMEE只是整个通风系统的一部分,而通风系统被认为是全球医疗系统中最不足的组件。

1965年に設計され、米国陸軍によって検証された人工呼吸器「ARMEE (Automatic Respiration Management Exclusively for Emerciences) 」は、2枚のプラスチックプレートを密閉し、患者の肺に酸素を導く一連の内部チャンネルから構成されており、吸い込みと吐き出しの切り替えのタイミングを決めて制御する部品として「オシレーター」と呼ばれている。ARMEEは、人工呼吸器システム全体の一部に過ぎないが、これは世界中の医療システムで最も供給が不足している部品とされている。

该振荡器没有内置的电子设备,仅通过阀门提供的压缩空气工作,但由于内部没有活动部件,因此它不会磨损。 PIP,PEEP,启发式:通过三个螺钉进行校准以设置呼气比,该设备可以完全自主运行。那时唯一可以更改的变量是吸气压力,它决定了将氧气推入患者肺部的力。用户可以在呼吸机上手动启动抽吸,但可以通过在ARMEE侧校准的速度来控制抽吸。

このオシレーターは電子機器を内蔵しておらず、バルブから供給される加圧された空気だけで動作するが、内部に可動部品がないため摩耗することがない。PIP、PEEP、吸気:吐気比を設定する3つのネジによって校正されると、装置は完全に自律的に動作。その時点で変更することができる唯一の変数は、酸素が患者の肺に押し込まれる力を決定する吸気圧となる。ユーザーは人工呼吸器の吸引を手動で開始することができるが、それ以外の場合はARMEE側で校正された速度によって制御される。

该设备不仅设计用于3D打印,而且还足够简单,可以在中等规模的注塑设备中每天生产大约10,000个或更多。

この装置は3Dプリントが出来るよう設計されているだけでなく、中規模の射出成形施設であれば1日に推定10,000個以上のユニットを生産できるほどシンプルな構成となっている。



诚邀设计同行分享干货、文章、报告等
投稿请发邮件 yaqi@gewuer.com
新闻报道及人物专访 804509071
0   1242

文章评论(0)

发 表