第三方帐号登录

第三方帐号登录

使用邮箱登录

找回密码

全站搜索 传播新资讯,发掘源创意!

COVID-19 病毒防疫设计专题3D 打印透明医疗面罩

2020-04-28  2920

日本医疗公司(Japan Medical Company)是使用3D打印技术开发产品的医疗风险公司,它是消除因新的冠状病毒感染而传播的医疗设备短缺以及使用3D打印机的医疗面罩的努力之一(开始生产面部防护设备。从2020年4月14日起,我们将向医疗场所提供免费试用产品(最初为500种)。

3Dプリンティング技術を用いた製品の開発を行う医療ベンチャー ジャパン・メディカル・カンパニー は、新型コロナウイルスの感染拡大による医療器具不足の解消に向けた取り組みのひとつとして、3Dプリンタを用いた医療用フェイスシールド(顔面保護具)の製作を開始。2020年4月14日から、医療現場に試作品(初回500個)の無償提供を実施する。

3D打印机作为解决由于新的电晕流行而导致医疗设备短缺的解决方案而引起关注

新型コロナ流行による医療器具不足の解決策として注目を集める3Dプリンタ

当前,由于新的冠状病毒在世界范围内的传播,医疗设备的短缺正成为严重的问题,其中一种设备是防护面罩。面罩是一种覆盖整个脸部的保护装置,可以同时保护眼睛,鼻腔和口腔粘膜,因此保护医护人员和未感染患者免受新冠状病毒的威胁非常重要。它被认为是一种医疗仪器。但是,由于新的冠状病毒感染的传播导致需求增加,因此目前供应落后。因此,日本医疗公司已开始使用3D打印技术为医疗专业人员制造面罩。

現在、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により、医療器具不足が深刻な問題となっており、その器具のひとつが、防護用フェイスシールドである。フェイスシールドとは、顔面全体を覆う防護具で、眼部・鼻腔・口腔粘膜を同時に防護することができるため、医療従事者や未感染の患者を新型コロナウイルスの脅威から守るうえで非常に重要な医療器具とされている。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大による需要増加に伴い、現在は供給が追い付かない状況に陥っている。そこで今回、ジャパン・メディカル・カンパニーでは、3Dプリント技術を用いた医療従事者向けフェイスシールドの製作を開始。

当前,将3D打印技术应用于面罩,呼吸机等以及用于保护的面罩,并且其作为医疗设备短缺的解决方案正在引起海外关注。在这种背景下,该公司已开始使用3D打印机制造防护面罩,这是其努力之一,旨在支持正在检查和治疗新的冠状病毒感染的医疗场所。作为材料,将采用KOKUYO的“轨道透明支架(F-TP760NW等)”,该支架使用适合屏蔽部分的高透明PET。此外,将来,我们不仅在考虑为医务人员提供面罩,而且还在考虑使用3D打印机制造口罩和呼吸机。

現在、3Dプリント技術は、防護用フェイスシールドをはじめ、マスク、人工呼吸器などにも応用されており、医療器具不足の解決策として海外でも注目を集めている。こうした中、同社では、新型コロナウイルス感染症の検査・治療にあたる医療現場の支援を目的とした取り組みのひとつとして、3Dプリンタを用いた防護用フェイスシールドの製作を開始。素材には、シールド部分に適している、透明度の高いPETを使用したコクヨの「レールクリヤーホルダー(フ-TP760NWなど)」を採用する予定。また、今後は医療従事者向けのフェイスシールドだけでなく、3Dプリンタを用いたマスクや人工呼吸器の製造についても検討している。



诚邀设计同行分享干货、文章、报告等
投稿请发邮件 yaqi@gewuer.com
新闻报道及人物专访 804509071
0   1351

文章评论(0)

发 表